ARTICLE

<記事紹介>iPhone XSなら電池(バッテリー)切れでも「Suica」が使える 注意点も

SSL研究員が、気になったWeb記事を紹介、コメントします。

<引用元:engadget 日本版>
iPhone XSなら電池(バッテリー)切れでも「Suica」が使える 注意点も

要約;

  • あたらしい「iPhone XS」と「iPhone XS Max」のApple Payは予備電源に対応。エクスプレスカードに設定したカードに予備電源が提供される。
  • 「エクスプレスカード」に設定できるカードにはSuicaが含まれるので、電車に乗るときにiPhone上のSuicaを使っているひとは、Phoneの電池残量を気にする必要がほぼなくなる。
  • ただし、予備電源が動作するのは5時間ほど。

SSL須釡コメント

エクスプレスカードというのは、ApplePayで登録したカードのうち一枚だけ指紋認証(Touch ID)や顔認証(Face ID)をせずに支払いができる設定のことです。主に、交通機関の改札など素早く使いたいシーンのための機能です。これまではバッテリーが切れてしまうとApplePayもまるごと使えなってしまっていたわけですが、iPhoneXS世代以降はここに予備電源がつきました。主バッテリーが切れても最大5時間まではエクスプレスカードだけは使えるようになりました。小まめに充電できない人は少し安心になりました。

SSL安田コメント

バッテリー切れの時の動作としては、ガラケーのおサイフケータイの時から提供されていた機能であまり目新しい機能ではありません。ただし、ロックされた状態でバッテリー切れだと使えない場合もあったので、その点はエクスプレスカードの方が有利ですね。
ただ、僕はSUICAをApple Watchで使っており、SUICAの場合にはApple Watchに移動してしまうと、iPhoneでは使用できなくなってしまいますので、この恩恵に預かることはできず、電車に乗るたびにAppleWatchの電源を気にしています。他のカードと同じようにAppleWatchにもiPhoneにも同じSUICAカードを登録できるようになる日が待ち遠しいです。

本リリースやSmart Sound Labに関するお問い合わせは下記、またはホームページの「CONTACTフォーム」からお願いいたします。

Smart Sound Lab
(スマートサウンドラボ)

URL: https://smartsoundlab.com
所長:安田 寛 Hiroshi Yasuda

こちらの記事もどうぞ: